紫外線 種類

MENU

紫外線には種類がある?光老化を加速する紫外線に注意!

紫外線,種類

 

 

最近よく耳にする“光老化”。

 

“光老化”とは、紫外線を無防備に浴び続けることにより、肌にシミやシワ、たるみなどの“老化”が現れる老化現象のことです。

 

“光老化”は、人間の肌老化の8割の原因といわれており、日焼け止めや帽子、羽織で紫外線から上手にお肌を守ることができれば、お肌はいつまでも若々しさを保つことができるのです。

 

 

 

実際に、一年中、露出していることの多い顔や手の甲は、シミやたるみなどが出ていますよね。

 

反対に、露出の少ない(紫外線を浴びることがない)、お尻や腕の内側などにシミやたるみ、シワが発生している人はほとんどいません。

 

「若さを保つこと=紫外線をカットすること」に直結しているのです。

 

 

 

 

 

知ってた?紫外線には3種類ある!?

紫外線,種類

 

 

一口に“紫外線”といっても、その種類は、

 

 

 

「UVA(=長波長)、UVB(=中波長)、UVC(=短波長)」

 

 

 

この3つに分けられます。

 

この3つの違いとは、その波長の長さに違いであり、波長が長いほど、肌の奥深くまで届くという性質をもっています。

 

最も波長の短いUVCは、オゾン層でカットされ、私たちの肌に到達することはありません。

 

注意するべきは、UVAとUVBの2波長です。

 

 

 

 

注意するべき紫外線は、UVAとUVBの2つの紫外線!

紫外線,種類

 

 

注意するべき紫外線は、波長が比較的長く、私たちの皮膚まで到達するUVBとUVAの2つです。

 

 

中波長の波長をもつUVBの特徴

中波長の波長をもつUVBは、皮膚表面にダメージを与え、肌が赤くなったり、黒くなったり、ヒリヒリしたり…という、「いわゆる日焼け」と呼ばれる症状が表面化します。

 

肌の表皮がダメージを受けると、シミの元であるメラニンが活性化し、このメラニンが蓄積すると、シミへと変化してしまうのです。

 

 

 

また、UVBの怖いところは、細胞の核内部にある、DNAのデータまでをも損傷してしまうこと。

 

DNAは私たちの体の“地図”ともいえる存在なのですが、このDNAデータが損傷を受けると、この損傷されたDNAデータが延々と次の細胞に受け継がれてしまうのです。

 

“地図”を失った細胞核は、健康な体を維持することができなくなり、皮膚がんなどの重篤な病気を引き起こしてしまうのです。

 

 

最も長い波長をもつUVAの特徴

一方、紫外線の中で最も長い波長をもつUVAは、細胞の最も奥深くまで差し込んでくるのが特徴です。

 

UVBは「日焼けをした」という症状がその日のうちにでますが、UVAは、「5年10年という月日をかけてジワジワと老化を推し進めていく怖い紫外線」です。

 

UVAは、UVBと違ってその害を実感することはほとんどありませんが、実は、地上に届く90%以上がこのUVAとも言われています。

 

 

 

UVAは、雲や窓ガラスなども突き抜けるので、気候に関係なく、室内にいる時にでも紫外線ケアが必要になってきます。

 

ベッドルームに日差しがサンサンと降り注ぐようなお家は注意が必要です。

 

起きる時に、日差しを浴びたほうが目覚めがよくなるのは事実ですが、寝ている時に無防備に肌を紫外線にさらし続けるのは、老化を一気に加速してしまいます。

 

UVAは、肌の奥深くにある、コラーゲン層をジワジワと損傷していくので、1日や1ヶ月ではあまり違いを感じませんが、10年、20年というスパンでみると、シワの入り方は大きく変わってきます。

 

例えば、キッチン用のスポンジを夏の炎天下の下に置くと、1日では大きな変化はありませんが、夏が終わるころには、スポンジはパサパサのボロボロになっていますよね。

 

UVAを浴び続けるということは、このスポンジと同じダメージがあなたの肌内部で起こっているということです。

 

 

 

 

24時間365日UVケアができるのは、飲む日焼け止めサプリだけ!

紫外線,種類

 

 

「あなたは一年中紫外線ケアしていますか?」

 

 

 

日本に降り注ぐ紫外線は、夏の7月〜8月が最も多くなりますが、実は、UVケアは一年中必要です。

 

真冬の12月〜1月はどうしても、紫外線対策がおろそかになってしまいがちですが、季節や天候に関係なく紫外線はあなたのお肌にダメージを与え続けています。

 

「私は、年間を通して日焼け止めを塗っている!」「ファンデーションや化粧下地にUV入っているから大丈夫!」という方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、手軽なのがメリットの“塗る”紫外線ケアは、擦れに弱く、すぐに取れてしまうのがデメリットです。

 

実際に、ファンデーションなんて、お昼の休憩時間にはよれてきてしまいますよね。

 

 

 

“飲む”日焼止めのメリットは、なんといっても、外からの擦れなどの刺激には何ら影響を受けないことです。

 

汗をかいてタオルで拭っても、プールで泳ぎまくっても、飲む日焼け止めの効果が薄れることはありません。

 

また、日差しが強く入るベッドルームで寝ていても、寝ている間も、起きた瞬間から紫外線ケアができるのも、飲む日焼け止めならではのメリット!

 

もちろん、オフの日に、すっぴんでカーテンを思いっきり開けてコーヒーを飲むという贅沢もできちゃいます^^

 

24時間365日、紫外線ケアができるのは飲む日焼け止めサプリだけです。

 

 

 

 

まとめ

紫外線,種類

 

 

飲む日焼け止めサプリは、2016年に市販が解禁されたばかりの新しいサプリメントです。

 

まだまだ馴染みがなく、「効果はあるのかな?」「安全性は大丈夫?」などと、飲むのに躊躇しているという方も多いと思います。

 

しかし、市販が認められたのが2016年というだけで、それ年以前も、美容クリニックでは10年以上も前から処方されていますし、飲む日焼け止めサプリを飲んだことによる重大な副作用などは報告されていません。

 

 

 

特に、ニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めはアレルギー発症の可能性もなく、現在発売されている飲む日焼け止めサプリの中で、最も安全性が高い成分です。

 

“塗る”・“飲む”日焼け止めを上手に活用しながら、シミやたるみのない若々しい肌をいつまでも保ちたいですね^^

 

 

>>>最新の飲む日焼け止めサプリランキングはこちら

 

 

 

 

 

今人気の飲む日焼け止めサプリ

有効成分

選び方

基礎知識

クリニック

このページの先頭へ