飲む日焼け止めサプリ 妊娠中 授乳中

MENU

飲む日焼け止めサプリは妊娠中、授乳中でも大丈夫?

飲む日焼け止めサプリ,妊娠中,授乳中

 

 

ホルモンバランの乱れによって、ただでさえ繊細に、神経質になりやすい、妊娠・授乳の時期。

 

 

 

「飲む日焼け止めサプリって赤ちゃんの成長に影響はないのかな…?」

 

 

 

と疑問に思っているママ・プレママも多いのではないでしょうか。

 

ここでは、妊娠・授乳中に絶対飲んではいけない日焼け止めサプリや妊娠・授乳中の正しいサプリの考え方を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

【絶対NG】妊娠・授乳中に飲んではいけない飲む日焼け止めサプリの成分とは?

飲む日焼け止めサプリ,妊娠中,授乳中

 

 

妊娠・授乳中に絶対避けなければならない日焼け止めサプリの成分は、「ローズマリー葉(ニュートロックスサン)」と「PLエキス」です。

 

 

 

ローズマリー葉・ニュートロックスサン

ローズマリー葉は、古くから薬草としてヨーロッパで活用されてきたハーブです。

 

「排出」の効果が高く、むくみや生理痛を緩和するアロマとして利用されています。

 

日本でアロマというと、「いい香りがして、若い女性に人気よね〜」といった程度の認識をされていますが、実は、アロマはヨーロッパでは、“アロマテラピー”という学問として成立しています。

 

アロマの処方には国家資格が必要になりますし、アロマの販売も、薬局で処方箋が無いと買えなかったりしますので高い医学的効果が認められているのです。

 

日本でいう、針や漢方に近い感覚かもしれませんね。

 

 

 

ローズマリー葉は、むくみや生理痛の改善のほかに、難産や出産が予定日よりも遅れている場合など出産がスムーズにいかない時にも処方されています。

 

つまり、ローズマリー葉を妊娠中に摂取すると、「早産や流産のリスクが上昇する」ので服用を控えなければならないのです。

 

 

 

ニュートロックスサンも同様に、シトラス果実とローズマリー葉エキスで構成されている成分です。

 

ニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めは、美容皮膚科で多く取り扱われるなど、年々、その人気は高まってきています。

 

あなたのお持ちの日焼け止めサプリに、ローズマリー葉、ニュートロックスサンが含まれていないかを確認するようにしましょう。

 

>>>ニュートロックスサンの成分の特徴

 

 

≪ローズマリー葉配合の飲む日焼け止め≫

 

ホワイトヴェール、雪肌ドロップ、ホワイトーン、やかないサプリ、インナーパラソル…など。

 

 

PLエキス

PLエキスは、別名、フェーンブロック、シェードファクター、ポリポディウムリュウコトモスなどと呼ばれたりします。

 

PLエキスは、紫外線カット効果が期待できる成分なのですが、アレルギー発症のリスクが副作用としてあるため、妊娠・授乳中の服用はおすすめしません。

 

商品によっては、「お召し上がりの前に医師にご相談ください」と書いてあったりしますが、基本的には服用は控えた方が良いと思います。

 

>>>PLエキスの成分の特徴

 

 

≪PLエキス配合の飲む日焼け止めサプリ≫

 

ノーブ・ヘリオケア、やかないサプリ…など。

 

 

 

 

 

妊娠中、授乳中の方のサプリの正しい考え方とは?

飲む日焼け止めサプリ,妊娠中,授乳中

 

 

そもそも、妊娠・授乳中の人が「積極的に飲んだほうがいい」というサプリメントは存在しません。

 

特定の成分を安定的に補給するサプリメントは、特定の成分を過剰に摂取してしまい、結果、「奇形や臓器障害などのリスクにつながることがあるから」です。

 

サプリは、普通の食事と違って、1粒でお腹いっぱいにならないので、栄養を摂ろうと意識するあまり、ゴクゴク数種類のサプリを飲んでしまい、結果、過剰摂取になることがあります。

 

健康維持に効果のあるビタミンAやビタミンDも、過剰に摂取すると、奇形発症率や腎臓障害の発症率が上昇することが知られています。

 

 

 

つまり、妊娠・授乳中は、できるだけサプリの服用は避けることが望ましいのです。

 

そして、サプリは、単一の成分だけでなく様々な成分が配合されていることが多いので、成分同士の飲み合わせが赤ちゃんにどのような影響を及ぼすかわかっていないことがほとんどです。

 

妊婦さんに実験するわけにはいきませんからね…。

 

妊婦中、授乳中の方が服用した場合のデータは皆無に等しいのです。

 

 

 

さらに、サプリメントは医薬品と違い、品質や規格が保証されていません。

 

妊娠中や授乳中は、サプリメントの服用は避け、できるだけ食事で栄養を摂り、それでも不足している栄養素は医師から処方される医薬品で補うことが望ましいです。

 

 

 

 

 

まとめ

飲む日焼け止めサプリ,妊娠中,授乳中

 

 

飲む日焼け止めに限らず、妊娠中や授乳中はサプリメントの服用は出来る限り控えるようにしましょう。

 

サプリメントによっては、「妊婦さんでも飲めます!」との記載があったりしますが、その場合でも、念のため、かかりつけの医師に確認するほうが無難です。

 

元気な赤ちゃんを産むためにも、配合されている成分をしっかりと確認し、服用には十分すぎるくらい注意を払うようにしてくださいね。

 

 

 

 

今人気の飲む日焼け止めサプリ

有効成分

選び方

基礎知識

クリニック

このページの先頭へ