飲む日焼け止めサプリ ドリンク

MENU

飲む日焼け止めサプリとドリンク?どっちがいいの?

飲む日焼け止めサプリ,ドリンク

 

 

飲む日焼け止めといえば、サプリメントが一般的ですが、実は、ドリンクが存在するのをご存知ですか?

 

錠剤を飲むのが苦手な人であれば、ドリンクタイプの飲む日焼け止めは魅力的かもしれませんね。

 

そこで、今回は、飲む日焼け止めドリンクの紹介と、ドリンクとサプリのメリットデメリットをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

成分別!飲む日焼け止めドリンクってどんなものがあるの?

ニュートロックスサン配合!“日傘サプリドリンク”!

飲む日焼け止めサプリ,ドリンク

 

 

2016年6月にサーフビレッジから発売されたのが“日傘サプリドリンク”です。

 

1本あたり450円と低価格ながら、

 

 

 

「1日に必要な量であるニュートロックスサンが250mgしっかりと配合された高品質ドリンク」

 

 

 

1本50ml入っており、カロリーが12.5kcalと低カロリーなのも、女性にはうれしいポイントですね。

 

ニュートロックスサンが主成分のドリンクですので、2〜3ヶ月継続することでより日焼止め効果を実感することができます。

 

現在発売されている飲む日焼け止めドリンクの中で、紫外線対策として最も効果が期待できるドリンクです。

 

 

 

 

ピクノジェノールが主成分!“ハニースノー”!

飲む日焼け止めサプリ,ドリンク

 

 

大正元年創業の老舗養蜂園が新たに立ち上げたはちみつコスメブランド、“HACCI(ハッチ)”からは、“ハニースノー”というピクノジェノールが主成分の日焼け止めドリンクが発売されています。

 

ピクノジェノールとはあまり耳にしたことがない成分かもしれませんが、フランス海岸に自生する松の樹皮から抽出したエキスのことで、フラバンジェノールとほとんど同じ効果が期待できる成分です。

 

高い抗酸化力があり、メラニンの生成を抑える効果があるので、シミのない透明感あふれる肌へと導いてくれます。

 

 

 

ピクノジェノールの他にもルテインやパイナップル果実エキスなどが配合されているので、浴びてしまった紫外線ダメージを速やかに回復させる効果があります。

 

紫外線に対して効果があるのは、ニュートロックスサンとPLエキスのみですので、残念ながらハニースノーには、これから浴びる紫外線をカットする効果があまり期待できません。

 

50ml入りで1本600円。ラフランス味。

 

 

 

 

 

飲む日焼け止めサプリとドリンク?じゃあどっちが良さそう?

飲む日焼け止めサプリ,ドリンク

 

 

飲む日焼け止めサプリとドリンク、どうせ選ぶのであれば、効果が高いものを選びたいですよね。

 

飲む日焼け止めサプリとドリンクでは、成分がしっかりと配合されているのであれば、どちらをえらんでも効果に差はありません。

 

サプリやドリンクといった形状よりも、ニュートロックスサンやPLエキスなどの有効成分がしっかりと配合されているものを選ぶことが効果を実感できるカギとなってきます。

 

 

 

 

飲む日焼け止めサプリとドリンクののメリットとデメリットとは?

飲む日焼け止めサプリ,ドリンク

 

 

サプリとドリンクにはどちらもメリット・デメリットがあり、「サプリのメリットはやはりコスパの良さ」です。

 

上記で紹介したニュートロックスサン配合の“日傘サプリドリンク”が1日あたり400円かかるのに対し、ニュートロックスサンが同量(250mg)配合されているインナーサプリを飲んだ場合、通常購入(7000円)だと1日あたりのコストが233円、お得な定期コースで購入すれば、1日あたり135円と、ドリンクの3分の1の価格に抑えることができます。

 

特に、ニュートロックスサンは、2〜3ヶ月継続して飲むことで初めて紫外線をカットする効果が出てくるので、やはり「続けやすい価格」というのは外してはいけない条件の一つなんですね。

 

 

錠剤が苦手でどうしてもドリンクがいいという方以外は、サプリメントの方が継続しやすいのは間違いありません。

 

また、ドリンクの場合、ビンに入っていますので、保管場所をとったり、飲み終わった後のビンが部屋にたまっていくというデメリットもあります。

 

 

比較表

ドリンク サプリ
メリット 錠剤が苦手でも飲める コスパがいい・ゴミが出ない・コンパクト
デメリット コスパが悪い・ゴミが出る・保管場所が必要 錠剤が苦手な人は×

 

 

 

 

 

まとめ

飲む日焼け止めサプリ,ドリンク

 

 

飲む日焼け止めドリンクは、毎日の紫外線を防御する目的というよりも、どちらかというとうっかり強い紫外線を浴びてしまった場合のレスキュードリンクとして飲むのがおすすめです。

 

飲む日焼け止めサプリを飲んでいても、すべての紫外線をカットすることはできませんので、例えば、「海やレジャーにいって、いつも以上に強い日差しを浴びた…。サプリと塗る日焼止めも塗っていたけれど、なんとなく肌がアツい…」という時などに飲むと、炎症やメラニンの生成を抑え、紫外線ダメージを最小限に抑えることができます。

 

 

 

火傷をしたときにすぐに冷やすと痕にならないように、日焼けもすぐに熱や炎症を摂るのと取らないのとでは、肌の回復は全く違います。

 

飲む日焼け止めサプリや、ドリンク、塗る日焼止め、上着や帽子などを上手に活用しながら、紫外線ケアしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

今人気の飲む日焼け止めサプリ

有効成分

選び方

基礎知識

クリニック

このページの先頭へ